税金

契約者以外が生存保険金を受け取った!税務はどうなるの?

みなさんこんにちは。生命保険会社に勤めていた私がお客様に聞かれることの多かった税務について説明しようと思います。

今回は生存保険金を契約者以外の人が受け取った場合についてです。

契約者以外が生存保険金を受け取ると贈与税となる

契約者(保険料負担者)以外の人が生存保険金を受け取ると、それは契約者からの贈与とみなされ贈与税の対象となります。

ちなみに、契約者が生存保険金を受け取るとそれは一時所得となります。以下の記事で一時所得となる場合について詳しく説明してあります。

生存保険金を受け取った!税金はどうなるの?保険金を受け取った場合、気になる税金関係。一体どうなるの? みなさんこんにちは。生命保険会社に勤めていた私がお客様に聞かれることの...

そもそも生存保険金とは?

5年や10年に1度など、契約期間中にあらかじめ被保険者の生存など一定の事由を条件に支払われることが決められている保険金です。

健康長寿祝金など「お祝い金」と呼ばれたり、複数回支払われるものなどもあるようです。

贈与とは?

民法 第五百四十九条

贈与は、当事者の一方がある財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。

要するにプレゼントなどですね。「これあげるよ」「わあ!ありがとう!」といった口頭でも成立します。

贈与税がかかる場合、税金を支払う人は財産等を貰った人です。

贈与税の課税財産

契約者以外が生存保険金を受け取った場合贈与に当たります。

余談ですが、贈与税の対象とならない財産も一部ありますので紹介しておきます。

贈与税のかからない財産

  1.  法人からの贈与により取得した財産
  2.  夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの
  3.  宗教、慈善、学術その他公益を目的とする事業を行う一定の者が取得した財産で、その公益を目的とする事業に使われることが確実なもの
  4.  奨学金の支給を目的とする特定公益信託や財務大臣の指定した特定公益信託から交付される金品で一定の要件に当てはまるもの
  5.  地方公共団体の条例によって、精神や身体に障害のある人又はその人を扶養する人が心身障害者共済制度に基づいて支給される給付金を受ける権利
  6.  公職選挙法の適用を受ける選挙における公職の候補者が選挙運動に関し取得した金品その他の財産上の利益で、公職選挙法の規定による報告がなされたもの
  7.  特定障害者扶養信託契約に基づく信託受益権
    国内に居住する特定障害者(特別障害者又は特別障害者以外で精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にあるなどその他の精神に障害がある者として一定の要件に当てはまる人)が特定障害者扶養信託契約に基づいて信託受益権を取得した場合には、その信託の際に「障害者非課税信託申告書」を信託会社などの営業所を経由して特定障害者の納税地の所轄税務署長に提出することにより、信託受益権の価額(信託財産の価額)のうち、6,000万円(特別障害者以外の者は3,000万円)までの金額に相当する部分については贈与税がかかりません。
  8.  個人から受ける香典、花輪代、年末年始の贈答、祝物又は見舞いなどのための金品で、社会通念上相当と認められるもの
  9.  直系尊属から贈与を受けた住宅取得等資金のうち一定の要件を満たすものとして、贈与税の課税価格に算入されなかったもの
  10.  直系尊属から一括贈与を受けた教育資金のうち一定の要件を満たすものとして、贈与税の課税価格に算入されなかったもの
  11.  直系尊属から一括贈与を受けた結婚・子育て資金のうち一定の要件を満たすものとして、贈与税の課税価格に算入されなかったもの
  12.  相続や遺贈により財産を取得した人が、相続があった年に被相続人から贈与により取得した財産

参考:国税庁HP

 

贈与税の基礎控除は110万円まで

それではどのような場合に贈与税の支払い義務が生じるのでしょうか。具体例を出して確認してみましょう。

具体例

契約者は夫で生存保険金100万円を妻が受け取った。

上記のような場合、贈与税はどうなるのでしょうか。

実は贈与税には非課税枠があり、110万円までは基礎控除され非課税です!

つまり上記のような例の場合には、贈与税は非課税となります。もちろん受け取った額が110万円を超えるような場合は贈与税がかかってきますので気をつけてください。

まとめ

要点まとめ

・契約者以外の人が生存保険金を受け取ると贈与税の対象となる!

・贈与税は110万円まで非課税!

 

いかがでしたか?贈与税が110万円まで非課税ということは例えば自分の家族にお小遣いや援助をするのに重要な金額です。覚えておいて損はないですよ。

税金に関するあれこれは難しいですね。よく分からない場合は税務署や税理士さんに相談することをオススメします!