税金

満期保険金を受け取った!一時所得の計算方法は?

みなさんこんにちは。

生命保険会社に勤務していた私がお客様に聞かれることの多かった税務について説明しようと思います。

今回は満期保険金を受け取った場合の一時所得の計算方法です。

確認しておきたい基本的なこと

満期保険金とは

満期保険金とは、満期日が到来することによって受け取れるようになる保険金です。基本的に満期日到来までは受け取れません。

どのような場合に一時所得になるのか

契約者=満期保険金受取人となるような契約形態の場合に一時所得となり、所得税が課税されます。

https://tutulip.com/%e4%bf%9d%e9%99%ba%e9%87%91%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91%e5%8f%96%e3%81%a3%e3%81%9f%ef%bc%81%e7%a8%8e%e9%87%91%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%ae%ef%bc%9f-2/

一時所得の計算方法は?

一時所得の計算方法は以下のようになります。

収入金額ー必要経費ー特別控除=一時所得

さらに課税金額は以下のように算出します。

一時所得×1/2=課税金額

満期保険金の一時所得を計算してみよう

それではいくつか具体例を出して金額の計算をして見ましょう。

例1

Aさんは契約していた生命保険の満期をむかえ、500万円を受け取りました。今まで払い込んだ保険料額は470万円です。税金の申告のため、今回の満期にかかる一時所得を計算してみようと思いました。

例2

Bさんは契約していた生命保険の満期をむかえ、500万円を受け取りました。今まで払い込んだ保険料額は430万円です。税金の申告のため、今回の満期にかかる一時所得を計算してみようと思いました。

一時所得の計算式には何を当てはめればいいの?

上述の計算式にいくらの金額を当てはめて計算していくかということが重要です。

それぞれ以下のようになります。

収入金額=満期保険金額

必要経費=払込保険料額

特別控除

また、上述の一時所得の計算式の特別控除は50万円と決められています。

覚えておくと便利ですよ!

それでは計算してみましょう

例1の場合

満期保険金=500万円

払込保険料=470万円

特別控除=50万円

となりますので、以下の計算になります。

500万円ー470万円ー50万円=0円 (ー20万円)

以上一時所得の金額は計算の結果0円となりましたので、この満期保険金以外に所得がなければ税金の申告は不要です!

 

 

例2の場合

満期保険金=500万円

払込保険料=430万円

特別控除=50万円

となりますので、以下の計算になります。

500万円ー430万円ー50万円=20万円

以上、一時所得の金額は20万円と算出が出来ました!

一時所得がありますので課税金額も算出して見ましょう。

20万円×1/2=10万円

ということで、10万円が所得税としての課税対象額になります!

 

満期保険金の一時所得の計算は?〜生存給付金がある場合〜みなさんこんにちは。 生命保険会社に勤務していた私がお客様に聞かれることの多かった税務について説明しようと思います。 今回は...

 

いかがでしたか?参考になれば幸いです。

生命保険契約の保険金にかかる税金は複雑で難しいことが多いです。詳しいことが知りたい場合は税務署や税理士さんへの相談をおすすめします!